【人生の羅針盤の作り方】やりたい事100のリストを書き出してみた!

こんにちは。ふみたけです。

突然ですが「人生でやりたい100のリスト」って聞いたことありますか?

名前のとおり、自分のやりたいことを100コ書き出したリストのことですが、ツイッターとか見てると最近ちょっと流行ってるみたいですね。

もともとは作家のロバート・ハリスさんの著書『人生の100のリスト』(なんてオシャレでかっこいいタイトルなんだ!!)で書かれていたことが始まりでした。

そこに書かれていることに共感して実践する人がどんどん増えたことで、いまでは本当に多くの人に広まっているんです。

何かを夢見、それをただ空想したり人に言うだけでなく、紙に書き記すと言う行為はやはり、その実現に至るプロセスになんらかの影響を与えるのではないか、と言うことである。
(ロバート・ハリス『人生の100のリスト』)

頭の中だけで終わらせずに、自分の人生の中でやりたいことを壮大なことでもちっぽけなことでも箇条書きでバーーーッ!っと紙に書き出していく。

もしかしたらそれがきっかけで自分の中の何かが変わるのかもしれません。

それに、やりたいことを100個書き出すのって、考えただけでもなんだかワクワクしてきませんか?

そういう気持ちってすごく大切なことだと思うんです。

というわけなので僕も早速「人生でやりたい100のリスト」を書き出してみることにしました!

(ふみたけ)
実際に100リスト書き出すときのポイントやそれをやる理由なども紹介していきます。

「人生でやりたい100のリスト」を作る理由

普段、日常の生活の中で生きていると自分の人生で本当にやりたいことを考える機会はほとんど全くないですよね。

目の前にあることでいっぱいだったりして、そのうち自分がやりたいことが何なのか、よくわからなくなってしまっていたり。

なのでいざ「やりたいこと100のリスト」を書こうとすると、途中から何にも浮かばなくなってきて手が止まったりする自分がいます。

だけどやりたいこと100のリストを書き出しているときは、とてもワクワクして幸せな気持ちになるし「自分がどんな人生を生きたいのか」「どんなことを実現したいのか」がだんだん明確になってくるのを感じることができるんです。

(ふみたけ)
マジか⁉︎まさに人生の羅針盤じゃん!

「やりたいことがない」「自分が好きなことは特にない」っていう人って結構身近にたくさんいませんか?それって結局、単にそう思い込んでいるだけなんですよね。

例えば広瀬すずさんとか吉岡里帆さんと本当は「付き合いたい。恋愛したい」と思っていたとします。でも色々な理由をつけたり言い訳をしたりして「自分にはできない」「どうせ無理」と思っている。

だから「好きな女性タレントとか特にいない」「やりたいことがない」につながって、最初から実現のための行動することを諦めてしまうんですよね。(みたいなことをホリエモンさんが言ってました汗)

100のリストを書くことは、達成できるかどうかは置いておいて、とにかく純粋に自分の願望を見つめて書き出すという行為です。

書き出して見える化すると、脳はそれを実現するためにどうするか無意識に考え行動につなげていくので、夢をつかむ一番の方法と言えるのではないでしょうか。

なのでやりたいこと100のリストを書き出すときは、「できない理由」なんか、とりあえず全部どっかに放り投げておきましょう♪

「人生でやりたい100のリスト」を作る5つのポイント

人生の100のリストを作る5つのポイント

①常識や他人の評価などの一切を無視する。
②現状の自分でそれができるのかどうかは考えない。
③どんなにショボくてもどんなに壮大でもいいから書き出す。
④やりたいことならジャンルに縛られずなんでも書く。
⑤いつでも自由に書き換えてOK。

僕はやりたい100のリストを作るときに上記の5つのことを意識しました。

やりたいことを実現するということは、新しいことに身を投じて自分自身を成長させて変化させることだと言えます。

ただ、新しいことに身を投じるという行動は、人類が狩猟していた時代においては単に死ぬ確率をあげる行為でしかありませんでした。

行ったことのない場所でやったことのないことをすると知らない肉食動物に襲われたり毒のあるものを食べたりする可能性が高まって非常に危険だったのです。

その記憶が僕たちには残っているので、夢ややりたいことを叶えようとするときに、つまり新しいことをするときに、自分を味方するはずの潜在意識の生存本能が実現の邪魔をすることがあるんです。

そんなとき人は無意識で自分にブレーキをかけます。それが不安になったりできない理由ばかり考えたり、周囲の人たちから批判されたりする現象につながるんです。

だからこそ上記の5つのポイントが「自分が本当にやりたいこと」を書き出すために必要になりました。

誰が何と言おうと、それが”自分のやりたいこと
誰が何と言おうと、これが自分のやりたいことなのだ。
これさえあれば、社会に出てどんなつまらないことをやるはめになっても、自分の欲望だけは見失わないでいける

(ロバート・ハリス『人生の100のリスト』)

どんなにくだらなくてもいいので、
どんなにおかしなことでもいいので、

どんなに取るに足らないちっぽけなことでもいいので、
どんなにスケールがバカでかい事でもいいので、

世間的な常識や実現できるかどうかなどにとらわれずに、

自分が欲求や想いや本当にやりたいことに対して
正直になることが何よりも大切です。

僕は最初「100個も書き出せるだろうか?」って思ってましたが、実際にやってみたら途中からどんどん浮かんできて100個じゃ足りないくらい書けるようになりました。

 

(ふみたけ)
まずは思いつくままどんどん書いてみる♪

潜在意識を味方につける!「やりたいこと100のリスト」を作ってみた。

(ふみたけ)
オアシスっていうバンドの「Keep The Dream Alive」(情熱すてるな!って言う意味?)っていう歌を聴きながら書いたら、気分にぴったりでリスト作りがはかどった!

それでは僕の「やりたい事100のリスト」を公開します。
まじで中二病か小5みたいなこと、あるいは、くだらないことしか書いてないので本気で恥ずかしいwww。

(ふみたけ)
家ではいつも下半身だけ全裸でいるのが突然きた女の子にバレたときみたいな恥ずかしさだけど晒しますね。

これくらいメチャクチャでもいいので、「人生のやりたい100のリスト」にワクワクしそうな人はぜひやってみてください♪

  1. youtubeの登録者数5,000人突破する
  2. ブログ月間PV30万突破する
  3. メディアサイトの月間アフィリ報酬7ケタ突破
  4. 2019年内に2000万のキャッシュを得る
  5. フィリピンの永住権を獲得する
  6. マレーシアの永住権を獲得する
  7. ポーランド短期移住(2ヶ月)
  8. ポルトガル短期移住(2ヶ月)
  9. フリーライター業だけで月20万稼げる力をつける
  10. 世界一周してそのドキュメント番組をYoutubeで作る
  11. クラウドファンディングで資金調達して世界一周し、そのコンテンツを作る
  12. 水泳2時間×週4回でイケメンになる生活
  13. 自分自身をブランディングしてサロン運営
  14. 一眼レフカメラなど使いこなす人になる
  15. シンガーソングライター活動の再開
  16. 曲をたくさん作り作品にする。
  17. 人が集まれるRECスタジオを建設し作品を作り続ける
  18. 良い音楽作品を作り世の中に広める
  19. 良いアコースティックギターを手に入れる
  20. 良いバンジョーを手に入れる
  21. 良いワイゼンボーンを手に入れる
  22. 最高のDAWシステムを構築する
  23. 極上のアウトボードを揃える
  24. 良いエレキギターとベースを手に入れる
  25. 最高のパーカッションセットを手に入れる
  26. 良いドラムセットを手に入れる
  27. 良いシンセを手に入れる
  28. 良いドラムマシンを手に入れる
  29. 良いモジュラーシンセを手に入れる
  30. 良いマイク類を揃える
  31. 良いレコーディング機材(ケーブルとか)を揃える
  32. 素晴らしい演奏家になる
  33. 素晴らしいソングライターになる
  34. 素晴らしいシンガーになる
  35. 良いスティールパンを手に入れる
  36. 良いグロッケンを手に入れる
  37. インテリアを妥協しない
  38. 照明を妥協しない
  39. ドローン×世界の絶景の映像作品を作り続ける
  40. ドローンを手に入れる
  41. Goproを手に入れる
  42. 年内にネットの収入だけで月収30万を超える
  43. 一年以内にイギリス、アメリカ、トルコ、モロッコ、キューバ、カナダ、中国を旅する。
  44. 日本全国をライブツアーして全国に自分の歌を伝える
  45. 4ヶ月以内に15kg以上痩せる
  46. 奇数階に居住する
  47. たくさん恋愛をして学ぶ
  48. 一定レベル以上稼げるようになって資産分散する
  49. 株に資産の一部を投資
  50. 仮想通貨に資産の一部を投資
  51. 海外不動産に資産の一部を投資
  52. アンティークコインに資産の一部を投資
  53. 金に資産の一部を投資
  54. 外資に資産の一部を投資
  55. 各分野の尊敬できる人たちと仲間になる
  56. ファッションに妥協しない
  57. 半年以内に最高のmacbookを手に入れる
  58. ブロガーとして成功する
  59. ユーチューバーとして成功する
  60.  Fumitakeとしてのブランディングの確率
  61. キャッシュポイントとなるアフィサイトを複数持つ
  62. 両親に一泊10万以上の京都一流宿をプレゼントする
  63. スティーブ・ジョブスの常宿だった京都高級旅館宿泊
  64. いつもいい香りがする人になる
  65. 日本以外の国にも複数の永住できる拠点を持つ
  66. シンギュラリティに向け情報交換できるコミュに参加
  67. 月に10本の映画を見る生活
  68. 月に5冊の本を読む生活
  69. インスタでアベレージ高い写真投稿を続けてブランディングする
  70. ツイッターフォロワー1万人以上ある社会的信頼をえる
  71. 世界中の絶景に行きコンテンツブランディングする
  72. 世界中の世界遺産に行きコンテンツブランディング
  73. アイドルとランデブーな恋愛してみる
  74. モデルとランデブーな恋愛してみる
  75. 絵を描く趣味を再開する
  76. 音楽活動でコーライティングを体得する
  77. 音楽活動でコーライティングの仲間を増やす
  78. 音楽活動でコーライティングの作品を作る
  79. コーライティング作品を有名アーティストに提供する
  80. 新しい時代の音楽ビジネスを学び時流に乗る音楽活動
  81. シベリア鉄道でロシア横断をする
  82. かっこよく、おとなしくなくちょいワルく年をとっていく
  83. 健康であり続ける
  84. 食に関する深い知識と知恵と能力を身につける
  85. 健康に関する深い知識と知恵と能力を身につける
  86. 料理上手になる
  87. ただ料理できるだけでなく想像的で美味しい料理をクリエいてできるようになる。タモリさんみたいに。
  88. 下手な食材に依存しない本物の食生活
  89. ゾンビ映画やゾンビドラマにゾンビ役で出演する
  90. 20代や30代そして10代を刺激するような存在になる
  91. ミニマリストでないけど余計なものがないスッキリした生活環境の中で生きる
  92. 塾講師の仕事をやめる
  93. 一年かけて日本各地に1ヶ月くらいづつ生活して回る
  94. クラウドファンディング大プロジェクト成功者になる
  95. HIUで活動して素晴らしい仲間、人脈を作る
  96. 3年くらいかけて60カ国以上を旅する
  97. 生涯の友を20人以上作る
  98. 古い価値観にとらわれず結婚生活ができる嫁(若いの)
  99. 本質を見失わないマインドと頭の回転とトーク力
  100. カメラマンとして独自で一定の評価・認知をえる

 

「人生でやりたい100のリスト」を作って気づいた事とこれから

僕は半分の50個くらいまでは割とスーッと書き出すことができました。

ただ、半分をすぎてからだんだん出てこなくなり、そこから頭と心に汗を書きながらさらに引き出していく感じになりましたね。

ひとしきり絞った雑巾をからさらに水を搾り取る感じに近いです。そこまでくると自分の中の深い部分で何かが変わる感じがして再びどんどん出てくるようになったんです。

行動をする事がやりたいことにつながっていく

自分が本当にやりたいことというのは、好きなことと同義と言えるかもしれません。

例えばカレーが好きな人は、そもそもどこかでカレーと出会ったからカレーを好きになれています。

(ふみたけ)
好きなことややりたいことというのは、すでになんらかの形で自分が知っていることになると思うんです。

だからまずは何も見ずに、自分の中から出てくるものだけをどんどん書き出していきましょう。

そこでもし100個はどうしても書き出すことができなければ、一旦そこでやめても全然いいと思います。

もしかしたらこれがきっかけで本当にやりたいことに対する自分のアンテナが立って、その後様々なやりたいことに気づけるようになるかもしれないので。

あるいはその時書き出したいくつかのことを実現しようとすることで、何かがつながり広がって、新しく自分のやりたいことや好きなことが増えていくことも十分あり得ます。

大なり小なり自分が何らかの行動をした時こそ自分がやりたいことが見つかるものではないかと思う自分がいます。

その時にまた100リストに加えていけばいいんです。

物語の主人公と作家は自分。物語を面白くするのは自分

これはブログで公開しない事なんですが、僕はこれから、書き出した「やりたいこと100のリスト」のひとつひとつをいまの自分との距離で分類していきます。

一番遠くの「やりたいこと」にたどり着くには何から実践してどうやってステップアップしていくのかを逆算し、近いところから行動して行くんです。

やりたいことをやるということは、いまの自分を越えようとすることだと思います。その時生存本能から自分を止めようとする無意識のブレーキが必ずかかってくる。

その時、自分が漫画の著者になって自分を主人公に置き換えてみるんです。もし言い訳をしながら諦めて行動をやめてしまったら、その漫画は何の展開も盛り上がりもなく止まってしまいます。

けれど、やりたいこと100のリストを書き出したことがきっかけに、自分という物語を面白く描き出していくきっかけになるでしょう。

「やりたいこと100のリスト」は、未来を自分で選び、自分の人生を自分でデザインする行為の1つだと僕は認識しています。

(ふみたけ)
ワクワクとドキドキだね!

そして達成できないことがあっても「自分はダメなやつだなぁ」なんてセルフイメージを傷つけることはせずに、前向きにやって行こうと思ってますw。

「人生の100のリスト」の著者ロバート・ハリスとは?

ちなみに僕はロバート・ハリスさんの『人生の100のリスト』という本は読んだことがありません。

ただ、日本人とイギリス人のクォーター(1/4が英国人)で横浜出身の彼がシベリア鉄道で渡ったヨーロッパからスタートして、インド〜東南アジアを旅してオーストラリアまで行った自伝小説の傑作『エグザイルス』を読んで衝撃を受けたことがあります。

人生から自由と楽しさを手放さないために、社会を飛び出して世界を放浪した圧倒的な旅の記録。

その時の印象は「ほかにはおよそ見たことがない、どんなスターやアイドルよりも真にリアルでポップでマジでかっこいいお兄さん」というものでした。

要するに僕の中でいわゆる別格な人物の一人なんです。
それはもう、ある種、圧倒的に。

ボブ・ディランやスティーブ・ジョブズのスピリットにも通じる何かを僕はロバート・ハリスさんにも感じます。社会の常識にとらわれず自分の心に誠実であろうとするところとか。

「人生の100のリスト」に興味を持てるあなたであれば、『エグザイルス』を読めばきっと何を感じ取るはずだし、100リストを作ることへの理解もより深まるかもしれません。

(ふみたけ)
『エグザイルス』という本は、ふみたけ的には本当にオススメ♪

まとめ


というわけで、実現するかどうかはおいておいて、自分自身の心のレンズをクリアに磨き上げるような感じで、あなたも一度「やりたいこと100のリスト」を書き出して見てはいかがでしょうか?

きっとワクワクした幸せな気持ちで、楽しみながら今まで知らなかった自分の本当の心が見つかるかもしれません。

それでは、また〜!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です