【タイ旅⑲】夜にギラギラするタニヤ通りとハッポン通りを昼から歩く

ふみたけ
タイ・バンコクの旅2日目。その5!

こんにちは。手相が両手マスカケ線のふみたけです。

バンコク屈指の良レートで知られる「タニヤスピリット」で両替をしたついでに、歓楽街として有名な「タニヤ通り」と「ハッポン通り」を昼間から軽く散策してみました。

基本的に夜の街なので、わざわざ昼間に歩いても特別何かあるわけではないんですが、それでも夜の気配って残ってたりするし、昼には昼の顔があったりします。

何かのついでとかであれば、立ち寄ってみるのも悪くないかもしれませんね。

それでは、どうぞ!

夜の日本人街「タニヤ通り」を昼に歩き回った

せっかく日本人街で夜の繁華街として有名なタニヤ通りに来たので、まだ午前中だけど、ちょっと散策してみることにした。

日本語の看板がとにかく目につく。
そして路上にはバイクがめっちゃ並んでる。

脇の路地を見るとちらほら屋台があって食事している人を見かけたり、所々営業中の普通のマッサージ店があったりした。

116バーツ(約400円)で食べられる普通のラーメン屋さんなどもあり、日本にいるのと近いけど割安な飲食の環境がある印象だ。

写真だと伝わりにくいけど、道路はかなり交通量が多く行き来が激しい感じだ。


マリリン・モンロー?のピンクな看板。
「鏡エロ」とか書いてあって、なんか昭和っぽい印象。

呼び込みのおじさん?らしき人が笑いかけてる。


薬屋さんをなぜか多く見かける。

マンゴーがズラリと並べられてる。


路上には小規模の八百屋さんみたいな露店が所々並んでいた。

夜にギラギラする歓楽街ハッポン通りを昼間歩いてみた

ちょっと通りを歩くとすぐにハッポン通りがある。
こちらもゴーゴーバーなどがある夜の繁華街として有名だけど、どちらかというと欧米人向けのエリアになっている雰囲気。

ランボルギーニやベンツやポルシェやBMWなどのTシャツがいくらでも買えますよ?笑。


「私たちは日本大好き 愛しています」のボードの脇にはおそらく同じ意味の文章であることがうかがわれる中国語のボードが並んでる。

そんなタニヤ通りやハッポン通りにも仏様?が大切に丁寧に祀られているコーナーが所々あり、なんとなくホッとする感じがある。

ちょっと思い出したのが沖縄の竹富島に行ったときに、村のいたるところで家にシーサーが飾られていてホッとした感じだ。その時と少し似ている気もちょっとした。

ふみたけ
お読みいただきありがとうございます♪

次回は、バンコクのマクドナルドで人気のライスメニューを食べてみたよ、という旅行記です。

つづくっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です